印鑑の必要性

印鑑というのは誰もが必要なものです。何かの契約の時や就職の時、銀行で利用したり、学校で使うこともあります。主に必要な書類に捺印することが多く、その人が本人である誓約とともに証明することもできるものです。印鑑の種類に関しては、意外と知られていないことが多く、普通に利用している”シャチハタ”と呼ばれる印鑑や重要な書類に利用する印鑑、訂正印や法人で利用する印鑑、契約書の印鑑などがあります。また、印鑑というものを大きな目線で見ると、日付のものや文字で構成されたものも多いです。

これらはそれぞれの重要な場面で利用することができるもので、日本では昔から利用されてきました。このサイトではそういったハンコなどについて説明します。基本的にこれらは必要とする場面によって違ってくるので、そのシーンについてもそれぞれ説明します。また、どこで購入すればいいのかや紛失したときの注意点、管理方法などについても説明します。実際にこれらの管理がなかなかできていない方も多く、日本ではそうなると困ることも多いので、常に管理には気を付けるようにしましょう。

ただ、近年はネット環境が充実したことによって、ネットでの契約などが多くなっており、印鑑の必要性が少なくなってきているという時代背景もあります。また、実際に必要な時も母印で対応できるということもあるので、実際に必要とする場面は限られてくるのです。それぞれのシーンごとに説明するので、状況によって判断しましょう。

[管理人推奨サイト]
利用シーンごとに異なる様々な種類の印鑑が購入出来る通販サイトです → 印鑑通販サイト(いいはんこやどっとこむ)